No.624:2007年12月30日

大阪神戸間開通130年記念電車

西明石駅で偶然に遭遇し写した写真です。1874年(明治7年)5月11日に大阪神戸間が開通してから来年で134年になるわけですが、開通当初は大阪三宮間は単線三宮神戸間が複線、中間駅は西ノ宮のみ、無論非電化で地平区間のみの線路だったとか、我国第一号のトンネルが、当時から天井川だった石屋川の川底に掘られたとか、現状とはおよそかけ離れた姿だったことを見聞きして歴史の流れのもの凄さに改めて驚いたものでした。
201系の車体更新車がちょくちょく見れるようになったのは2004年の上旬ぐらいからだったように覚えています。
 
07^1230hp_2004^0508_ck001a-1_西明石_kuha200-68.jpg
 
130周年記念看板を下げたクハ200−68 2004年5月8日西明石駅にて
 
(1/1046)
_______________________________________
 

≫今日の一枚の一覧
≫徒然写真コーナー 平成19年12月30日号
≫徒然写真コーナーの目録
≫写真帳目次
≫トップ


添付ファイル: file07^1230hp_2004^0508_ck001a-1_西明石_kuha200-68.jpg 319件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-12-01 (木) 13:14:14 (2698d)