阪急の旧型車達 その2…雑形車

No.23:98番

 
t-080307_1960^08_ys001_西宮北口_mc98+99.JPG
 
西宮北口駅の平面交差を通過する98番+99番  1960年8月古鉄春秋氏撮影
98番+99番が1957年に甲陽線に登場し、廃車になる1960年2月まで甲陽線専用車として活躍しました。見るからに木造電車を鋼体化したこの98番の前身は51番でした。1950年7月に前面が三枚窓で連結面が広幅貫通路の半鋼製片運電車に試験的に更新されましたが、機器台車類は51番の物をそのまま引継ぎ、付随客車化された1形の5番を間に挟み、同じく試験的に半鋼製片運車に改造更新された78番とコンビを組んで、51番+5番+78番の3両固定編成で宝塚線で活躍しました。610形が登場するに及んで、1955年に610系に機器類を譲った500形に機器類を提供し固定編成も解かれて制御車となったのですが、1956年7月に1形の電気機器とブリル27E−1台車を譲り受けて98番に改番、99番に改番された78との固定編成で伊丹線甲陽線専用車としてデビューし、程なく甲陽線専用車になり、7番8番の引退後を引き受けた95番と交代で運行されました。やがて収容能力が低い所為で昼間または休日運用になりましたが、1959年12月に苦楽園口甲陽園間の踏み切りで乗用車と衝突し、損傷の程度は軽かったのですが修復されること無く1960年2月廃車されてしまいました。
1956年は神戸線に1010形が登場し四両編成で特急に急行に普通に活躍しだした年で、全長2.2kmの盲腸線の甲陽線はこの年になってやっと票券閉塞式が自動閉塞式に改められ、途中の苦楽園口駅で交換する事で朝夕の12分間隔運転が実現したのでした。まだまだ本線と支線の格差の大きい時代でしたが、当時苦楽園口に住んでいた者にとっては二両連結の電車が運転されるようになったことはとても嬉しいことで、今でもこの電車に愛着をもっています。写真は90番+91番か92番+93番と交代して入庫のため西宮北口に帰ってきたところだと思います。夙川駅の引込み線の配線の具合から、甲陽線内では98番が甲陽園向きになりました。
西宮北口駅の神戸線今津線の平面交差は橋上駅舎化された1984年までありましたが、橋上駅舎建設で今津線が南北に分断され消滅しました。ちなみに平面交差が健在だった頃は神戸線のダイヤが優先され、今津発の宝塚行き電車は交差点の手前で結構長い間信号待ちさせられり、今津行き電車はホームでの長時間停車を余儀なくさせられていました。
 
(1/89)
_______________________________________
≫阪急の旧型車達 その2…雑形車の目次?
≫No.22:80番

≫阪急電車の旧型車達の目次
≫写真帳目次
≫トップ


添付ファイル: filet-080307_1960^08_ys001_西宮北口_mc98+99.JPG 34件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-03-23 (日) 00:51:34 (4110d)