009_1842_東本願寺前_197105.jpg
東本願寺門前を行く4番1842 1969年5月
東本願寺の前は道路が 〕字状に曲がり、本願寺の塀に沿って緑地がありますがそこから写した写真です。1800形は800形をワンマンカーに更新改造した電車ですが、この当時出来立てのほやほやで、乗ると新車のにおいがしました。しかし同じ乗るならツーマンカーの800型のほうが好きでしたね。

 
008_722_烏丸七条_197105.jpg
烏丸七条に停車中の6番722 1969年5月
700形は1958年から登場した電車でしたが小生の知る限りでは京都で最初で最後の軽量構造車だったはずです。車高が低く屋根が浅く窓が大きく、引き戸オンリーだった中で4枚折り戸両開きの乗降口はヨーロッパの香りがし斬新でした。又前面窓上のベンチレーターが大きく雨の日などは他の電車より居住性が良かったように覚えています。
背景の山門は東本願寺の南門です。 

 
011_715_七条烏丸_197105.jpg
烏丸七条交差点に進入して来る4番715 1969年5月
正面の塔屋のある建物は国鉄京都駅です。今では別の建物に取って代わってしまいましたが…

 
010_715_705_1827_七条烏丸_197105.jpg
烏丸七条の交差点を渡る4番715号と6番705号 1969年5月
交差点での電車の揺れ具合が良くわかります。715号が大きく傾いています。ダイヤモンドクロッシングを通過するときはよく揺れたものです。しかしいいですねこの電車のお顔。京都市電の中で一番の美男子だったのでわないでしょうか。

 
012_1854_京都駅_197104.jpg
京都駅の手前で信号待ちをする4番1854 1969年5月
国鉄京都駅前は公共交通機関が集中するところでした。市電市バス京都バスそしてタクシー。交通局の職員だけでは手に負えないのか交通整理に制服の警察官が常に出動していました。ベテランの方ばかりで、実に鮮やかな手さばきで巧みに誘導しておられ、帽子にかぶせた白いビニールキャップや白いベルト姿がとても格好よく見えたものでした。

京都市電の思い出 1970年頃を回想して・・・の初めに戻る
写真帳目次に戻る
見開きに戻る


添付ファイル: file012_1854_京都駅_197104.jpg 255件 [詳細] file009_1842_東本願寺前_197105.jpg 223件 [詳細] file010_715_705_1827_七条烏丸_197105.jpg 228件 [詳細] file011_715_七条烏丸_197105.jpg 285件 [詳細] file008_722_烏丸七条_197105.jpg 238件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-12-01 (木) 04:14:41 (2734d)