今までに掲載した今日の一枚 No.578: 2007-11-14(水)

山電スナップ:山陽明石駅

兵庫電軌の線路と神姫電鉄の線路がここで繋がっています。兵庫電軌は所詮路面電車で駅間の間隔が短く道路に並行している所為で半径160メートル以下のカーブが随所にあり、神姫電鉄は将来は神戸〜岡山間を結ぶことを目指した高速鉄道で、地方鉄道には珍しく開通当初から全線複線直線主体の線路条件でした。国鉄の明石以西が未電化だった時代兵庫〜姫路間でデッドヒートを演じましたが神姫電鉄の線路条件がよかったからの出来たのだと思います。
当鉄道で利用者が最も多い駅ではないでしょうか。明石〜姫路間の沿線にお住まいの神戸大阪方面に通勤される方々は明石でJRに乗り換え、又沿線には大企業の工場が軒を連ねていますので夫々への通勤の方々は当駅から山陽電車を利用されますので朝夕の混雑は相当な物です。
地平時代は駅の東西に踏切があり、交錯する道路の交通量がとても多く、有人踏み切りの時代はこまめに開け閉めして交通を裁いていましたが、無人化されてからは朝夕は全くの開かずの踏み切りになってしまい、遮断機をかいくぐって強行突破する人が後を絶たず事故も多発した為、1991年に明石市の都市計画でJR駅と隣接する高架駅に建て替えられました。
地平時代の明石駅を良く覚えていますが、駅の近辺は路地にちょっと入ると飲み屋さんが連なり新鮮な魚が売り物の粋な店が並んでいたものです。明石独特のたこ焼き(地元では卵焼きと呼んでいます)屋さんや地酒専門の立ち飲み屋さん、漁師町の所為で少々柄の悪いお客さんが多かったですが楽しめるお店ばかりでした。山陽電車の改札口の脇には鯛焼き屋さんとロシヤ菓子のパルナスのお店、これが関西第一号店だったと思うのですが立ち食いのうどん屋さんなどが並んでいました。都市計画で踏み切りは解消し駅は立派になりましたが懐かしい物全てが消えてしまい、周辺に新しく登場したビルや大衆酒場が目立ち、高架下の商店街だけが混雑しています。駅も単なる乗換駅になってしまいました。
 
07^1114hp_2007^0726_ck025a_明石_tc5602.JPG
 
明石駅に到着する創立100年記念電車の姫路行き直通特急 2007年7月26日
 
(1/943)
_______________________________________
 

≫今までに掲載した今日の一枚の一覧
≫今日の一枚
≫撮れ撮れ写真コーナー
≫写真帳目次
≫トップ


添付ファイル: file07^1114hp_2007^0726_ck025a_明石_tc5602.JPG 168件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-12-01 (木) 13:14:51 (2695d)