阪急電車の旧型車達

その3…大正の鋼製釣掛車(1)…300形

 

No.31:301番

-写真をクリックすると1024px画像になります-
h=031_1959^1206_ys032-12_西宮北口_tc301+mc530.JPG

301番  1959年12月6日 西宮車庫にて 古鉄春秋氏写真
阪急最初の半鋼製電車300形は二つのグループに分かれます。500番〜509番(改番後は300番〜309番)が、大正13年(1924年)8月、それまで51形木造車天国だった神戸線に登場し、二両連結で梅田〜上筒井間を40分で走って話題をさらいました。翌年4月これに連結する為の制御付随客車で登場したのが700番〜709番(改番後は310番〜319番)でした。
丸屋根お椀形ベンチレータースタイルは1923年に入線した81形でおなじみになっていましたが、車体長が15m(14.88m)で、車体が鋲頭が並んだ鋼鉄製でいかにも頑丈そうな造りで、車内はニス塗り木製の仕上がりにロングシートですが天井にシャンデリアが並び、妻面に貫通扉が付き運転台が左側に寄ったスタイルは舶来品と見間違うほどで、日本でもこんな素晴らしい電車が作れるのだと、日本人の自信を大いに鼓舞したものでした。
500番〜509番は汽車会社東京支店で新造された初の15m級半鋼製車でした。付随客車を挟んでの三両連結運転を目指していましたので、GE製の110hpの大型モーターを4台搭載し、間接式コントローラーを装備した総括制御運転ができる本格的な高速電車だったのです。翌年4月に700番〜709番が川崎造船所で竣工し入線するとmc+tcの本格的連結運転が始まりました。
700番〜709番については明日に譲るとしまして、500形はブリル27MCB2台車を履いた両運転台の電動客車で、昭和9年(1934年)まで神戸線で活躍しましたが、全鋼製車の600形や900形が充実するに及んで、500番〜503番を110HpX2に出力を落としてドアエンジンを取り付けた上で宝塚線へ転用、翌1935年3月に300番〜309番に改番されました。残りの304番〜309番も同様の処置を受けて1940年には10両全車が宝塚線に顔をそろえたのでした。戦後の1950年再度改造を受けて片運転台になり連結部妻面には扉無しの広幅貫通路が設けられ、4モーターにパワーアップの上、妻面に広幅貫通路を新設された1番〜6番・19番〜32番を間に挟んで300+1+1+300の四両連結となり宝塚線で使用、更に1966年には台車をモータ無しのブリル27E1に履き替えの上、300番・302番〜309番は残っていた運転台を撤去し、運転台だった妻面にも広幅貫通路を新設し、老巧化で廃車になった1形の後を受けて500+300+500の三連でや今津線専用車になりました。片運転台車のまま残った301番は530番とコンビを組み伊丹線専用車となり、写真は伊丹線専用当時の301番+530番です。301番は1962年1月に廃車になり、新製当時の姿に復元の上宝塚ファミリーランド内の電車館に展示され、300番・302番〜309番は1965年〜1967年にかけて廃車解体されました。
_______________________________________
 

No.32:317番

-写真をクリックすると1024px画像になります-
h=032-1_1958^0927_ys014-28_夙川_mc317.JPG

317番  1958年9月27日 西宮北口〜夙川間にて 古鉄春秋氏写真
大正14年(1925年)4月、500番〜509番と連結運転する目的で制御付随客車として登場したのが700番〜709番(改番後は310番〜319番)でした。
今では考えられないことですが制御付随客車なのに両運転台の500番〜509番と同じ両運転台スタイルになっていました。台車は700番〜703番はブリル27MCB2を704番〜709番は川崎造船所製のボールドウイン78−25Aを履いての登場でした。製造所は川崎造船所で、この車両以降、子会社のナニワ工機を創業するまでは、全ての車両を後身の川崎車両・川崎重工で新造していました。
神戸線での使用は僅か一年で翌1926年5月には全車両宝塚線に移り、同年7月に竣工した十三〜梅田間の複々線新線の開通によって開始した三両連結運転に組み込まれ、51形+700形+51形の編成で新設の梅田〜池田間の折り返し列車を主に運用されました。宝塚線での中間付随車としての運用が続きましたが、昭和8年(1933年)11月に704番〜709番が65Hpモーター4台とドアエンジンを取り付けて両運電動車に改造、中間付随車の1形車を組み込んだ三連で宝塚線で使用、昭和10年(1935年)3月に310番〜315番に改番のうえ引き続き宝塚線専用車に使用されました。一方700番〜703番は昭和15年(1940年)11月に同様の改造を受け316番〜319番に改番の上、沿線に軍需工場が多かった今津線の客増対策の為に、316番+317番・318番+319番の重連で今津線専用車になりました。
310番〜315番が昭和25年(1950年)に車体改造工事を受け片運転台になり、運転台を撤去した妻面には幌連結用の広幅貫通路を開け、両妻面に広幅貫通路を開けた1形を組み込み310系+1形+310形で今津線に転属、300形全車両が今津線に揃いました。しかし宝塚線から全鋼製の小型車320形や500形が進出して来るに及んで、昭和31年(1956年)には310番〜313番はボールドウイン台車を316番〜319番に譲ってモーター無しのブリル27ーE1に履き替えさせられ、ボールドウイン台車のままでモーターをはずされた314番・315番と伴に運転台を撤去され広幅貫通路を増設のうえ500形の中間付随車になり、500+310+500の編成で宝塚線や今津線で使用されましたが、車体の老巧化が目立ってきた為に1965年から1967年にかけて廃車になりました。
-写真をクリックすると1024px画像になります-
h=032-3_1962^0923_ys064-07_西宮北口_t315.JPG

付随車化された315番 1962年9月23日 西宮車庫にて 古鉄春秋氏写真

316番〜319番は1956年にブリル27MCB2台車を500形に譲った代わりに310番〜313番が履いていた川崎ボールドウイン78−25A台車を貰い受けて伊丹線に転出し、暫く伊丹線専用車として使用されましたが1958年からは甲陽線専用車になりました。317番が1962年4月頃通勤時に夙川駅で大阪行きホームに乗り上げて車体が真ん中で折れ曲がる事故を起こし廃車になり、317番の代役を327番が引き受けてその後暫く甲陽線で活躍しましたが92番+93番・96番+97番に職場を譲って引退し、316番・318番・319番の三両は1963年8月廃車になりました。

-写真をクリックすると1024px画像になります-
h=032-2_1962^08_ck029_甲陽園_mc327+316.jpg

甲陽園行き327番+316番 1962年8月 甲陽園駅にて
珍しい写真がありますので貼りました。317番が夙川駅での事故で廃車になった後ピンチヒッターで甲陽線入りした327番と連結相手の316番です。317番との時は316番は甲陽園側に連結されていたのですが、この327番とでは夙川側になっています。私の推測では重い方の車を山側に持ってきたのでしょうか。この編成は316番が引退するまで続きました。線路の側には信号ケーブル用の木樋が見えますが、当時のケーブルラックはこれが一般的でした。
_______________________________________
 

No.33:苦楽園口駅の319番

-写真をクリックすると1024px画像になります-
h=033_1959^05_ck022_苦楽園口_mc319+318.jpg

甲陽園行き319番+318番 1959年5月 苦楽園口駅にて
昭和34年(1959年)に苦楽園口駅で写した写真です。当時のダイヤは早朝昼間夜間及び休日は15分間隔で一編成が往復し、朝夕の通勤退勤時間帯は12分間隔になり二編成が往復していまして、途中の苦楽園口駅で離合しておりました。苦楽園口の夙川行き用のホームには上屋がありましたが甲陽園行き用のホームには屋根が無く、改札口も夙川行きホームの北側に一箇所あるだけで、夙川から乗って来て電車を下りると警報機も遮断機も無い板張りの踏み切りを渡って改札口を抜けたものでした。夙川駅の駅長さんに運転手さんや車掌さんそして夙川駅と苦楽園口駅の駅員さんは大抵が知り合いか顔見知りでしたので不正乗車をようしなかったことを覚えています。
苦楽園口駅周辺も田畑が見られるのんびりした風景で、わずか2.2kmの線路ですが沿線全線に渡ってローカルムードが一杯で、レストランとかラウンジとかブティック等は目を皿にして探しても見つからなくて、現在の沿線風景からは想像できない別世界でした。
_______________________________________

≫阪急電車の旧型車達の目次
≫[1]…木造車(1):7番・21番・32番・復元1番・40番,
≫ …木造車(2):懐かしのP5達(1)
≫ …木造車(3):懐かしのP5達(2)
≫ …木造車(4):引退したP5達
≫ …木造車(5):55番・68番・86番・80番
≫[2]…雑形車(1):98番・99番・95番・90番・91番
≫ …雑形車…雑形車(2):92番・93番・97番
≫[3]…大正の鋼製釣掛車(2)…600形
≫[4]…新京阪の顔P−6(1):104番・106番・139番・109番・143番
≫ …新京阪の顔P−6(2):142番・120番・1501番・1504番・117番
≫ …新京阪の顔P−6(3):107番・118番・1526番・134番・120番
≫ …新京阪の顔P−6(4):1515番・134番・131番・107番・1522番
≫ …新京阪の顔P−6(5):114番・125番・124番・146番・1500番
≫[5]…近代電車の旗手900形(1):900番・901番・902番・905番
≫ …近代電車の旗手900形(2):913番・912番・911番・906番・919番
≫[6]…ミスター阪急 920形(1):922番・920番・953番・951番
≫ …ミスター阪急 920形(2):922番・925番・928番・958番・959番
≫ …ミスター阪急 920形(3):930番・961番・964番
≫ …ミスター阪急 920形(4):936番・969番・973番・943番・975番

_______________________________________

添付ファイル: fileh=031_1959^1206_ys032-12_西宮北口_tc301+mc530.JPG 1014件 [詳細] fileh=033_1959^05_ck022_苦楽園口_mc319+318.jpg 878件 [詳細] fileh=032-1_1958^0927_ys014-28_夙川_mc317.JPG 946件 [詳細] fileh=032_1958^0927_ys014-28_夙川_mc317.JPG 283件 [詳細] fileh=032-2_1962^08_ck029_甲陽園_mc327+316.jpg 934件 [詳細] fileh=032-3_1962^0923_ys064-07_西宮北口_t315.JPG 746件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-12-01 (木) 13:14:08 (2696d)