阪急電車の旧型車達

その4…新京阪の顔P6(4)

 

No.55:長い上り勾配を力走する急行電車

-写真をクリックすると1024px画像になります-
h=055_1962^0204_ys055-28_大山崎_tc1515.JPG

フイ1515番先頭の京都行き四連急行 1963年2月28日 大山崎ー長岡天神間にて 古鉄春秋氏写真
大山崎駅の直ぐ北側の国鉄線を潜る隧道を抜けると線路は、長岡天神駅に向けて10パーミルの長い長い上り勾配区間に差し掛かります。P6の急行電車はノッチをフルに入れてぐんぐん加速しながら走り抜けて行きました。名神高速道路も無く、一面広々と田園が開けていた当時、この辺りは絶好の撮影地でした。当時の急行電車は長岡天神駅には停車せず、高槻市駅を出た京都行き急行は桂駅まで高速で飛ばし、P6の醍醐味が心行くまで味わえる線区でした。
編成の後ろから二両目の車両の窓の高さが違っていますが、戦後増備された中間付随車1551形で、阪急スタイル新京阪寸法の電車でした。
_______________________________________
 

No.56:大山崎の隧道

-写真をクリックすると1024px画像になります-
h=056_1962^01_ck012_大山崎_mc134etc.jpg

天神橋行き普通電車のデイ134番 1962年1月 大山崎辺りにて
大山崎駅を出て国鉄線を潜る隧道に向かう京都行き普通電車です。No.53の写真では梅田行き急行の先頭車になっていたデイ134番が、この写真では普通電車に使用されています。P6の編成は頻繁に組みかえられていたようです。この場所の雰囲気は今も多少は残っているようです。
_______________________________________
 

No.57:東海道線並走区間

-写真をクリックすると1024px画像になります-
h=057_mc131_1962^0204_ys055-18a-1_大山崎.JPG

大阪(梅田)行き急行のデイ131番と東海道線下りローカルの73系電車 1962年2月 長岡天神ー大山崎間にて
写真当時は今日ほど安全意識が徹底していなかった所為か、撮影者も若かったのでこんな写真が撮れたのですが、現在では?ものですね。
車窓から国鉄線を見つめて並走する列車を追い抜いて行く時には狂喜したものでした。相手がナナサン系では無くハチマル系か、「こだま」形のイチゴウイチ系電車であれば嬉しさの余り小躍りしたものでした。
_______________________________________
 

No.58:開業当日の新千里山駅に入場する107番

-写真をクリックすると1024px画像になります-
h=058_1963^0829_ys105-11_新千里山_mc107etc.JPG

新千里山駅に入場する梅田始発四連普通電車のデイ107番 1963年8月29日 古鉄春秋氏写真
千里山線の千里山ー新千里山間が開業したのは1963年8月29にでした。新線区間は既設区間とは違い、直線的で運行速度が90kmと早く、踏切が全く無い高速線路です。新千里山駅は1967年3月1日に新千里山ー北千里延長線の開通で「南千里」と改称され、千里山線も同日を以って「千里線」に名称が変わりました。
新千里山開通は、その後の吹田豊中池田にまたがる広大な丘陵地帯が新興住宅地に変貌する一里塚でした。竹薮に覆われた丘陵と畑地が谷あいに続く長閑な田園地帯が万国博会場になり、公団住宅がひしめく新興団地になり、終には大都市に変貌したのでした。そして京阪神急行電鉄が土地バブルに踊りに踊って、左前になる道の一里塚でもあり、大阪府が不動産会社同様に宅地開発に狂奔し、財政破綻寸前に至った現状への出発点でもありました。こんな行く先を案じてか、8月末とは言えどんよりと曇って肌寒ささえ感じる天候の開業日でした。
_______________________________________
 

No.59:中津付近の1522番

-写真をクリックすると1024px画像になります-
h=059_1969^07_ck016_中津_tc1522etc.jpg

中津駅横を通過する梅田行き急行のシンガリフイ1522番 1969年7月
写真手前のコンクリート床は宝塚線の中津駅ホームです。1959年2月18日以前は、P6急行電車はこのホームの側を20km/h程度の速度で通過していました。1500V仕様のままで600Vの線区を通るのですから、超重量級の電車が加速出来ないのは当然の事だったと思います。十三ー梅田間に京都線の延長線が1500V線区で開通して問題は解決しましたが、梅田駅のホーム容量の影響で、この辺りで結構長く信号待ちするようになりました。京都線電車の走行がスムースになったのは、1973年11月23日に、新梅田駅の1号線ホームが完成し、京都線専用発着線が3本になってからでした。
1969年7月の撮影ですので、京都線急行と北千里直通電車は六両連結になっていました。そして、神戸線は既に1500Vに昇圧されていましたが、宝塚線は未だ600V線区でして、翌月の24日に昇圧されました。
セカイチョウと日本レイヨンの看板が写っていますが、この辺りに初めて建ったマンモスビルの屋上看板でして、親元に住んでおりました当時、通勤時、梅田駅入場信号待ちで停車中の神戸線の急行電車の窓から、この看板をぼんやりと眺めていたことを思い出します。看板の姿が消えて久しいですが、街の光景もすっかり変わってしまいましたね。そしてここを通る電車もすっかり変わってしまいました。
_______________________________________

≫阪急電車の旧型車達の目次
≫[1]…木造車(1):7番・21番・32番・復元1番・40番,
≫ …木造車(2):懐かしのP5達(1)
≫ …木造車(3):懐かしのP5達(2)
≫ …木造車(4):引退したP5達
≫ …木造車(5):55番・68番・86番・80番
≫[2]…雑形車(1):98番・99番・95番・90番・91番
≫ …雑形車…雑形車(2):92番・93番・97番
≫[3]…大正の鋼製釣掛車(1)…300形
≫ …大正の鋼製釣掛車(2)…600形
≫[4]…新京阪の顔P−6(1):104番・106番・139番・109番・143番
≫ …新京阪の顔P−6(2):142番・120番・1501番・1504番・117番
≫ …新京阪の顔P−6(3):107番・118番・1526番・134番・120番
≫ …新京阪の顔P−6(5):114番・125番・124番・146番・1500番
≫[5]…近代電車の旗手900形(1):900番・901番・902番・905番
≫ …近代電車の旗手900形(2):913番・912番・911番・906番・919番
≫[6]…ミスター阪急 920形(1):922番・920番・953番・951番
≫ …ミスター阪急 920形(2):922番・925番・928番・958番・959番
≫ …ミスター阪急 920形(3):930番・961番・964番
≫ …ミスター阪急 920形(4):936番・969番・973番・943番・975番

_______________________________________

添付ファイル: fileh=056_1962^01_ck012_大山崎_mc134etc.jpg 1073件 [詳細] fileh=080418_mc131_1962^0204_ys055-18a-1_大山崎.JPG 268件 [詳細] fileh=058_1963^0829_ys105-11_新千里山_mc107etc.JPG 1321件 [詳細] fileh=055_1962^0204_ys055-28_大山崎_tc1515.JPG 1263件 [詳細] fileh=057_mc131_1962^0204_ys055-18a-1_大山崎.JPG 1432件 [詳細] fileh=080420_1969^07_ck016_中津_tc1522etc.jpg 241件 [詳細] fileh=080416_1962^0204_ys055-28_大山崎_tc1515.JPG 241件 [詳細] fileh=080417_1962^01_ck012_大山崎_mc134etc.jpg 302件 [詳細] fileh=080419_1963^0829_ys105-11_新千里山_mc107etc.JPG 243件 [詳細] fileh=059_1969^07_ck016_中津_tc1522etc.jpg 1235件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-02-18 (火) 02:23:59 (1923d)