阪急電車の旧型車達

その5…近代電車の旗手900形(1)

 

No.66:我国近代電車の草分け905番

-写真をクリックすると1024px画像になります-
h=066-2_1930^04_x001_西宮車庫_mc905.JPG

入線当時の905番 京阪神急行電鉄五十年史より
嘗ての阪急を代表する900形電車の登場です。近代阪急電車の礎になった車両であり、戦前の我国で製造された電車の代表格でもあり、故小林一三社長の肝いりで新造された、時代を隔す電車でした。
今日は京阪神急行電鉄五十年史の記述をそのまま引用しました。

「  神戸線特急車
 昭和五年四月一日、阪神間を最短時分で結ぶ特急運転を新鋭車で始めた。この新鋭車は九〇〇型と称する二〇両の全鋼ボギー電動客車で、車体の長さ一六米九〇、幅二米六五、定員一三〇人の大型軽量車両である。車内は杢目印刷の優美な内張りに白色の天井、柔らかなグローブ配光照明、軽快な転換式ロマンスシートを採用した。乗務員室と客室を窓及び扉で仕切り、乗降口はこれまでの三扉式に代わり、やや中央部寄り側面二ヶ所に幅一米一四のドアエンジン付き広幅扉を設け、運転室出入口扉を別にし、貫通ドアーを設けた新スタイルであった。また、主電動機も国産の二〇〇馬力電動機二台を装置し、RPC・52型電空カム軸式総括制御で最高時速一〇〇粁を超え、制動機は元空気溜管式空気ブレーキである。戦後の技術の進歩から軽量電車が続々作られる様になったが、当社では既に昭和五年、九〇〇型の誕生と共に“軽量化”を取り入れたのである。……
大阪市内高架複々線の完成によって輸送力は増大されたが、当時の緊縮政策の影響から旅客は目立って減少しはじめたので、積極的な旅客吸収策として、昭和五年四月一日、大阪ー神戸(上筒井)間に特急の運転を開始し、運転時分を三〇分とした。更に昭和六年十月一日からこれを二八分に短縮、昭和九年七月一日には“大阪ー神戸一またぎ 二五分”のキャッチフレーズとともに、国鉄、阪神電車のなし得なかったスピードアップに成功した。」

900形を誕生させた技術力の自信の程が伺える文章です。

-写真をクリックすると1024px画像になります-
h=066-3_1930^04_x002_mc900-車内.JPG

入線当時の905番の車内 京阪神急行電鉄五十年史より
_______________________________________
 

No.67:900番・901番

-写真をクリックすると1024px画像になります-
h=067-1_1968^08_ck001_西宮車庫_mc900.jpg

1954年に第一回目の車体更新が施された900番 1968年8月西宮車庫にて

-写真をクリックすると1024px画像になります-
h=067-2_1969^08_002_西宮北口_mc901etc.jpg

901番 1969年8月西宮北口にて
神戸側の終着駅である上筒井駅構内の都合で当初二両編成で使用されました。昭和十一年(1936年)四月一日に西灘(現在の王子公園)駅ー三ノ宮間の高架新線が開通して、神戸本線が大阪(梅田)−神戸(三ノ宮)に切り替わり、三両編成以上の連結運転が可能になりました。900形同士の三連や920形の大阪よりに連結されての運用が始まり、この時点で特急専用車ではなくなったようですが、転換クロスシートは昭和十九年まで使用されました。親に連れられてこの転換クロスシートの900形に乗った記憶があります。ロングシート化されてから再度クロスシート車に戻ることはありませんでした。
戦後は900〜909番と910〜919番は別の履歴を辿ることになりました。900番代は1954年に第一回目の車体更新が施され、その際片運車化され、更に1966年に運転室は残したまま運転機器類を撤去して、中間電動車に改造されました。写真は中間車化された後の姿で、乗務員扉は閉切られていて運転機器類が撤去されてしまっていますが、運転室自体は残されています。台車も誕生当時は汽車会社製ボールドウイン台車L-17を履いていましたが、この更新工事で住友製の鋳鋼台車KS33Lに履き替えました。
阪急スタイルの特徴の一つに下降式一段窓がありますが、バランサー付きの窓で開け方を任意に調整できるのですが、これも我国初の技術で、900形で採用されて以来8000系まで伝統的に引き継がれ続けました。
_______________________________________
 

No.68:競馬急行の902番

-写真をクリックすると1024px画像になります-
h=068_1960^08_ys038-22_西宮北口_mc902etc.JPG

902番 1960年8月 西宮北口にて 古鉄春秋氏写真
1960年代ごろまでは西宮北口駅構内には、神戸からは宝塚方面へ、宝塚からは神戸方面へ直通運転が出来るように渡り線が敷設されておりました。この渡り線を利用するのは京都〜宝塚間の直通特急と大阪〜仁川間の競馬急行、そして神戸〜宝塚間の「宝塚歌劇」観劇直通電車でした。どれもがシーズンの土日祝日運転でした。この渡り線を通る電車は主に神戸線ホームで客扱いをしていましたが、神戸発の観劇電車だけは今津線の8番ホームの乗り降りでした。京都大阪方面の電車は西宮北口駅構内でスイッチバックするのが常で、今津線内では逆向きになって運行されていました。
写真は阪神競馬開催日に運転された大阪発の仁川行き競馬急行ですが、神戸線内は十三・塚口・西宮北口に停車、今津線内は各駅に停車し、仁川駅では競馬用特設ホームで客扱いをしました。殆どが900+920形混成の四両連結運転で、810形以降の車両が使われることは先ず無かったと覚えています。恐らく今津線のホームの有効長の関係でそうなったのではないでしょうか。この急行を懐かしいと思われる方は多いでしょうね。
この渡り線は神戸線の4番線降車専用ホームの延長で廃止されてしまい、その後の今津線ー神戸線直通車は今津線の入庫線を使用するようになり、また神戸〜宝塚間の観劇電車は二度と運転されることはありませんでした。
ちなみに、阪神競馬場で重賞レースが開催される日には今日でも競馬急行が運転されているようです。しかし写真当時とはずいぶんと違ってしまいまして、西宮北口駅の9番線(今津線用の入庫線)を通るため、急カーブとホームの有効長の関係で客扱いが出来ず、今津線内も急行扱いにしたため、途中停車駅が十三と塚口のみになってしまっています。いつ頃からこうなったかははっきりとは覚えていませんが、8番線を通る連絡線が無くなった1970年代の初め頃からだったのではないでしょうか。この頃には西宮北口駅を通過する、朝ラッシュアワーに運転される宝塚発今津線経由梅田行き準急の運転も始まっていました。この準急の運転のために今津線の各駅の上りホームが大型六両編成が停車出来るよう延長され、宝塚駅でも駅直近の踏切が廃止されて今津線ホームが延長されました。
_______________________________________
 

No.69:園田付近を行く902番

-写真をクリックすると1024px画像になります-
h=069_1960^0408_ys020-21a-1_園田_mc902etc.JPG

902番他三連の神戸行き普通電車 1960年4月8日 園田駅付近にて 古鉄春秋氏写真
珍しい900形のみによるオール電動車三両編成です。時々こういった編成の電車が見られました。当時900形は更新されているとは言え、神戸線では古手の電車になり乗る側にとっては運転台跡が無くて座席が車端まで有る電車のほうが嬉しかったものでした。一般的に900形が絡む編成は、大阪側からmc900+mc920−tc950形(+は自動連結器による連結、−は連結棒による固定連結)で、全電動車による三連の場合は夏場など抵抗器の熱が駅停車中に窓から熱風となって吹き込み、余り歓迎できなかったことを覚えています。
写真は園田駅と猪名川橋梁との間の勾配築堤線区ですが、半径600メートル程の曲線区間の全線に渡って線路脇に桜の木が植えられており、シーズンには桜の花のトンネルを行く観がして見事な物でした。園田駅の高架化で無くなりましたが、近代化で消えてしまった名所の一つです。
_______________________________________
 

No.70:神戸ー宝塚間普通電車の905番

-写真をクリックすると1024px画像になります-
h=070_1959^1101_ys029-05_西宮北口_mc905etc.JPG

905番他三連の神戸ー宝塚間普通電車 1959年11月1日 西宮北口ー門戸厄神間にて 古鉄春秋氏写真
これも珍しい900形のみによるオール電動車三両編成です。当時の今津線は西宮北口ー仁川間の各駅のホームは中形車四両編成に見合う有効長がありましたが、それ以外の駅は三両編成が一杯一杯で、特に宝塚は中型三連でも最後尾車の一部がはみ出し踏み切りにかかる位でした。
神戸ー宝塚間の普通電車は行楽シーズンに運転され、宝塚歌劇や宝塚動物園(宝塚ファミリーランド)への行楽客の誘致が目的だったようですが、目立って宣伝されることも無く地味な存在でした。臨時列車だったのですが臨時の標識が無く、神戸線普通電車と間違って乗ってしまい、西宮北口駅で8番線で降ろされ、大阪行き特急に乗り換えるため地下道を含め長い距離を歩かされた経験をお持ちの方が結構居られるのではないでしょうか。
_______________________________________

≫阪急電車の旧型車達の目次
≫[1]…木造車(1):7番・21番・32番・復元1番・40番,
≫ …木造車(2):懐かしのP5達(1)
≫ …木造車(3):懐かしのP5達(2)
≫ …木造車(4):引退したP5達
≫ …木造車(5):55番・68番・86番・80番
≫[2]…雑形車(1):98番・99番・95番・90番・91番
≫ …雑形車…雑形車(2):92番・93番・97番
≫[3]…大正の鋼製釣掛車(1)…300形
≫ …大正の鋼製釣掛車(2)…600形
≫[4]…新京阪の顔P−6(1):104番・106番・139番・109番・143番
≫ …新京阪の顔P−6(2):142番・120番・1501番・1504番・117番
≫ …新京阪の顔P−6(3):107番・118番・1526番・134番・120番
≫ …新京阪の顔P−6(4):1515番・134番・131番・107番・1522番
≫ …新京阪の顔P−6(5):114番・125番・124番・146番・1500番
≫[5]…近代電車の旗手900形(2):913番・912番・911番・906番・919番
≫[6]…ミスター阪急 920形(1):922番・920番・953番・951番
≫ …ミスター阪急 920形(2):922番・925番・928番・958番・959番
≫ …ミスター阪急 920形(3):930番・961番・964番
≫ …ミスター阪急 920形(4):936番・969番・973番・943番・975番

_______________________________________

添付ファイル: fileh=068_1960^08_ys038-22_西宮北口_mc902etc.JPG 1266件 [詳細] fileh=067-1_1968^08_ck001_西宮車庫_mc900.jpg 1006件 [詳細] fileh=070_1959^1101_ys029-05_西宮北口_mc905etc.JPG 1036件 [詳細] fileh=067-2_1969^08_002_西宮北口_mc901etc.jpg 1259件 [詳細] fileh=069_1960^0408_ys020-21a-1_園田_mc902etc.JPG 877件 [詳細] fileh=066-2_1930^04_x001_西宮車庫_mc905.JPG 1137件 [詳細] fileh=066-3_1930^04_x002_mc900-車内.JPG 1063件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-12-01 (木) 13:14:12 (2754d)