阪堺電車あちこち その6

ポイント…上町線住吉公園 2006年6月11日

604号
hp_2006^0611_165_住吉公園_mc604.JPG
住吉公園駅の手前は可也急なカーブになっていますが、カーブ上にポイントがあります。このポイントは見るからに苦労の跡がありありで、駅を出た電車がポイントを渡る際に感じるショックは結構強いです。
 

旅篭町辺りの町屋…阪堺線高須神社 2005年5月9日

167号
hp_2006^0509_151_高須神社_mc167.JPG
高須神社辺りの旅篭町や七道町は堺市の最北部に当たり戦災を受けず、古い町並みが昔の姿のまま残っています。長年に渡り風雨を凌いで来た所為で痛みが目立つ家屋が多いのですが、二階長屋等戦前の町並みを眺めることの出来る貴重な地域です。1928年生まれの電車が昭和初期に建てられた感じの二階長屋の前を行く姿は絵になりますね。
 

あらっ何処かしら…阪堺線住吉 2006年10月3日

706号
hp_2006^1003_017a_住吉_mc706.JPG
恵美須町行きの電車から降りられた喪服のご婦人、3番ホームの方へスタスタと歩き出しました。「奥さん天王寺駅前行きに乗るのでしょう。そこの電車はさっき出たとこですよ。今降りられたホームで待っておられたら間も無くやって来ますよ。次に来る電車が天王寺駅前行きですから。」と声を掛けると、もう一つ納得ゆかなさそう様子でに戻られましたが、不案内な土地では仕方が無いでしょうね。電車を降りられたときの表情がとても素晴らしかったので写した写真です。
 

住吉大社の大鳥居…阪堺線住吉鳥居前 2006年10月3日

351号
hp_2006^1003_007a_住吉鳥居前_mc351.JPG
住吉大社の大鳥居越しに南海本線住吉大社駅方面を望みました。
向かい側の漢方薬屋の店先が古色蒼然として30年昔に遡った感じで、なんとなく若返った気分に浸れます。この辺りは大阪の下町の情緒が薄れずに残っていて、年寄りには有難い場所です。そこに現れた電車も30年以前から活躍している車でした。
 

東玉出…阪堺線東玉出 2006年10月3日

706号と710号
hp_2006^1003_026a_東玉出_mc710_mc706.JPG
日が傾きかけた頃の東玉出電停でのスナップです。
阪堺線の大阪市内の併用軌道は線路敷きが道路の西の部分に偏っている区間が多いのが特徴です。線路と道路際の狭い部分は自然に歩行者と自転車と原動機付自転車専用になってしまいます。東玉出辺りもそうです。
電車の警笛に促されて振り返ると700形のツーショットでしたので慌てて写しました。様々なラッピング電車が走るこの路線で、同じ形式の同じラッピング電車がすれ違う光景は貴重でした。
 

写真帳目次に戻る
トップに戻る


添付ファイル: filehp_2006^0611_165_住吉公園_mc604.JPG 552件 [詳細] filehp_2006^1003_007a_住吉鳥居前_mc351.JPG 433件 [詳細] filehp_2006^0509_151_高須神社_mc167.JPG 412件 [詳細] filehp_2006^1003_017a_住吉_mc706.JPG 546件 [詳細] filehp_2006^1003_026a_東玉出_mc710_mc706.JPG 441件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-12-01 (木) 13:14:50 (2697d)