中山寺下滝間にディーゼルカーを追いかけました その二

生瀬駅辺り

06_1969^04_067_生瀬_dc58.jpg
 
生瀬駅に停車中のキハ58二連の大阪行き快速列車 1969年4月
生瀬駅のホームから宝塚方面を撮った写真です。バカチョンのハーフサイズカメラで写した写真ですので、あんまり芳しくない画像で申し訳ないです。キハ58による臨時快速列車は当時として珍しいものでしたので貼りました。背景の禿山は山砂利採集場です。
 
07_1971^09_036_生瀬_dc17.jpg
 
生瀬駅を発つキハ17+25二連の篠山口行き?普通列車 1971年9月
当時大阪〜篠山口間の折り返し列車にキハが良く使われていましたのでこう書いたのですが間違っているかもわかりません。福知山線もDC列車の編成は関西線同様雑であけてびっくり玉手箱類の列車が多かったように覚えています。
 
08_1970^10_088_生瀬_dc58.jpg
 
キハ58二連の快速列車 1970年8月
この写真生瀬駅北方で撮ったものだと思うのですが、遠方信号機が気になります。当時の福知山線は腕木式信号機でしたので、色灯式の信号機が写っているということはひょっとすると山陰線の馬堀保津峡間だったかも。貼ったもののもう一つ自信のない一枚です。
 
09_1970^10_086_生瀬_dc82.jpg
 
新大阪行き上り特急「やくも」 1970年10月武田尾生瀬間にて
伯備線の看板特急列車「やくも」が嘗ては福知山線経由の新幹線山陰連絡特急だったとをご存知の方はかなりのご年配か若しくは相当筋金入りのテツキチではないかと思います。私は筋金入りでは有りませんが、現在の名塩駅の東方に当たるこの辺りにキハ82を狙って、タムロンの重いズームレンズを付けたペンタックスをぶらさげてやってきたものでした。
 
10_1971^09_016_生瀬_dc52+dc25+dc20.jpg
 
キハ20+28+25 1971年9月武田尾生瀬間にて
あけてびっくり玉手箱類の列車編成です。急行列車の編成にキハ65を組み込んで冷房化を進めていた時期で、出力の低いワンエンジンの車両はキハ28と言えども普通列車に回されることが多かったようです。
上の写真とほぼ同じ場所ですが、武庫川の対岸の山の斜面から写しました。
 

 

添付ファイル: file09_1970^10_086_生瀬_dc82.jpg 125件 [詳細] file07_1971^09_036_生瀬_dc17.jpg 119件 [詳細] file06_1969^04_067_生瀬_dc58.jpg 108件 [詳細] file10_1971^09_016_生瀬_dc52+dc25+dc20.jpg 114件 [詳細] file08_1970^10_088_生瀬_dc58.jpg 114件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-03-08 (土) 04:34:29 (4121d)