C62が牽引する急行『安芸』は呉線を代表する列車でした

急行『安芸』は東京広島間の寝台急行で、呉線を経由する唯一の長距離急行列車でした。山陽本線は全線電化されていましたが呉線は未電化で、嘗て山陽本線で活躍していたC62やC59が客車列車を牽引し、SLファーン酔望の的の線区になっていました。特に糸崎広島間をC62が牽く急行『安芸』は是非カメラに収めなければならない列車だったわけです。看板つきと看板無しがありましたが、どちらに巡り会えるかはつき次第でした。看板つきのカラー写真が手元に無いのが残念です。

sb_0004_C62 48_急行安芸_196808.jpg
C62-48 安浦付近にて1968年8月撮影

 
sb_C62^23_あき_19690809_024.jpg
C62-23 広島駅にて1969年9月撮影 古鉄春秋


添付ファイル: filesb_0004_C62 48_急行安芸_196808.jpg 580件 [詳細] filesb_C62^23_あき_19690809_024.jpg 879件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-12-01 (木) 13:14:41 (2755d)