有田鉄道の思い出 1969年

有田鉄道が姿を消してもう4年位は経ちますか。1971年ごろ仕事で金屋町の農協へ週に一二度通ったことがあるのですが、その往復に藤並駅から金屋口までお世話になりました。鞄にカメラを忍ばせて出張し写した写真です。
この4枚の写真は1969年5月に金屋口駅とその付近で撮ったものです。

金屋口_01_dc230_1969_05_100.jpg
金屋口駅です。気動車は小生が藤並から乗ってきた250号車で、機関車はDB20だったと思います。機関車の色が強烈でコバルトブルーに蜜柑色の帯を締めていました。この機関車が活躍するのは蜜柑出荷の時期だけで、後は金屋口駅構内で寝ていました。機関車が留置されているホームにレールが無いように見えますが、草に埋もれていて見えないだけです。
 
金屋口_02_dc202_1969_05_102.jpg
キハ202 金屋口にて
明らかに放置されている状態でした。恐らく部品確保用だったのではないでしょうか。
 
金屋口_03_dc210_1969_05_104.jpg
蜜柑畑の中を往く210号
元国鉄キハ42037だった210は機械式の気動車で、運転台にはチェンジ用のレバーとアクセルレバーと手回しブレーキが備えられ、足元にはクラッチペダルと警笛のペダルがありました。江若鉄道健在なりしころ機械式の気動車に乗ったことがありましたが、1969年ごろには珍しい存在でした。
 
金屋口_04_dc230_1969_05_105.jpg
蜜柑畑の中を往く230号
この車両は他社の注文流れ品を引き取った新造車だとの事でしたが、横から見た感じは如何見ても電車か客車の改造もいいところでした。トルコンを備えていて、有鉄(ありてつ)では一番新しい車でした。なおこの当時の塗色は幕板と腰板がホワイト、窓周りがローズレッドだったと覚えています。
 


添付ファイル: file金屋口_01_dc230_1969_05_100.jpg 404件 [詳細] file金屋口_03_dc210_1969_05_104.jpg 340件 [詳細] file金屋口_04_dc230_1969_05_105.jpg 378件 [詳細] file金屋口_02_dc202_1969_05_102.jpg 358件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-12-01 (木) 04:14:31 (2547d)